Yくん(筑波大附属駒場中学・駒場東邦中学・市川中学・城北中学・渋谷幕張中学)
4年の3学期に入塾して、苦手だった算数から始めました。考え方から教えてくれたので、文章題ができるようになりました。5年の夏期講習から本格的に4科目を教わりました。好きだった理科・社会はどんどん発展問題を教えてくれたので楽しかったです。 小6の夏休みからは入試問題をたくさん解きました。電話帳と受験校の過去問を解いて、採点と記述問題の添削をしてもらいました。間違ったところは授業で教わって直しました。課題だった算数の図形と計算のケアレスミスも最後は克服できたと思います。本番では勉強したのと同じ問題が出たおかげで時間がかせげました。小倉塾では僕が出来ないところを見つけ出して教えてくれたので、むだのない受験勉強ができました。模擬テストはあちこちに受けに行きましたが、最後まで小倉塾だけで勉強したのがよかったと思っています。
 Kくん(都立西高校)
僕は運がよかったのか、推薦入試での合格となりました。いまだに実感が湧きませんが、友達に祝福されると嬉しい、という感じです。僕の勉強方法は「毎日、少しずつでもコツコツと」がモットーです。それは小学校の頃から変えていません。中学生になるとさすがに忙しくなりましたが、できるだけ毎日勉強をしていました。それと母が本を読むのが好きだった影響か、読書は小学校のころからの趣味でした。西高校を選択した理由のひとつは「本校の期待する生徒の姿」に、「読書」の要項が含まれていたからです。読書は自分の世界を広げるためにも、とても素晴らしいことだと思うので、おすすめです。僕は小学校6年生から小倉塾のプラレで、自分の苦手なところをしっかり身につけ、得意なところはもっと伸ばすという勉強をしました。直前の冬期講習から富士見丘教室の本科で授業を受けました。同じ志望校の仲間と一緒に勉強できたので、通うのがとても楽しく勉強もはかどりました。結果的に推薦で合格できたため一般入試を受けることはできませんでしたが、実力がついたから推薦で合格できたのだと思っています。高校に行っても文武ともにがんばっていきたいです。
 Mさん(都立西高校・明治学院高校・明大中野八王子高校・文大杉並高校)
 私は小6の夏期講習から今に至るまで約3年半、小倉塾に在籍している。最初は嫌で仕様がなかった。勉強など大嫌いであったし、姉が塾生だからと母に強制されたことも不愉快だった。とはいえ母も人の子、「講習のみ」という約束であった。しかし講習が終わるころになると、私は母に「このまま続けたい」と言った。これには母も驚いた。当時のことはおぼろげにしか覚えていないが、単に小倉塾が気にいったのだろう。暫くして私は入塾を決めた。ほどなくして私は受験生になり、最初の定期試験を迎えた。都立志向だった私にとって内申は欠かせないものであった。そこで役立ったのが小倉塾である。「塾だろうが家だろうが勉強なんて何処でも出来る」 そう考えていた自分が、今となってはとてつもない愚か者に思える。集中力が違う。効率が違う。兎に角凄いのだ。中学のテストでは学年トップの成績を弾き出すことが出来た。瞬く間に入試は終わり、私は西高に合格した。これには今でも実感が湧かない。合格の理由を強いて挙げるとすれば、「日々の積み重ね」の一言に尽きる。足繁く塾に通い勉強した。只それだけだ。私が思うに、小倉塾は家のようだ。そして塾生や先生方は家族。生徒達は非常に仲が良く、いじめや仲間外れとは最も縁遠い塾だ、と胸を張って言うことが出来る。何よりとても心地良い空気があった。私はそんな小倉塾が大好きなのである。
 Nさん(都立西高校・富士見丘高校)
 私はめんどうくさがり屋なのであまり勉強していませんでしたが、中2の後半になると周りの人がどんどん成績が上がっていったのでさすがに私もあせり、西に行った兄と同じ小倉塾に入りました。小倉塾の授業は負けず嫌いの私にはとても合っていました。3年生になると勉強も大変になりました。追い込み授業では数学の計算ミスをなくす勉強や理科・社会の過去問などをがんばりましたが、塾の模試では西高C判定が続きました。出願後、西の取り下げをするか迷って塾に相談しました。すぐに過去問をテストし、西の自校問題で50%以上と判定してくれたので、西のままがんばることにしました。取り下げないと決めたら毎日朝から勉強し、3時になったら塾に行き、塾で勉強しました。今は、本当にあのとき取り下げなくてよかったと思っています。あきらめずに頑張ることが大切なのだと学びました。
 Hくん(中央大学附属高校)
僕は中学1年から3年間、小倉塾で学びました。小学校のときは塾にも行かず、家でも勉強していなかったので、中学校の授業についていけるか不安でしたが、塾で勉強したおかげで中学校の成績も取れて楽しい学校生活が送れました。テニス部の練習が終わってから塾に直行するなど大変でしたが、引退するまで続けました。内申点がとれたおかげで、推薦で合格することができました。 
 Yさん(国際基督教大附属高校・杉並学院高校)
 塾に入って、勉強の仕方から教えてもらい、勉強する習慣がつきました。中3から転校した私でしたが、塾のみんなも頑張っているんだ、という気持ちに後押しされてヤル気になれました。毎日が塾漬けで辛い日もありましたが、成績が上がったときは嬉しかったです。私を合格させてくれたのは、こんな私にこりず丁寧に教えてくれた先生方、楽しいときも辛いときも周りにいてくれた友達、好き勝手自由にさせてくれた親、そのた応援してくれた大勢の人たちのおかげです。
小倉塾TOPへ